スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
そばを打ってきた
先日、初めて蕎麦打ちを体験しました。やる前は、ただこねて薄く伸ばして切りゃあいいんじゃね?くらいに考えていましたが、結構大変でした

工程はこんな感じです。
水回し→菊もみ→延し→丸出し→角出し→本延し→たたみ→切り

水回しは、単にそば粉と水を混ぜるだけの工程ですが、水を3回程度に分けて注ぎ、そば粉と水をすりつぶすようにこねるのがコツです。一緒にやった友達は独学でそば打ちをやって失敗続きだったらしいのですが、この水回しを適当にやっていたのが原因のようです。独学だとどんな状態になれば良いのか判断できないので、難しいかも知れません。
この辺は経験者に教えられないと分かりづらいところだと思います。

そして、菊もみ→延し→丸出しでそば粉をピザのように丸く薄く延ばします。その後、角出しで四角く整形します。この辺は教えられれば誰でも出来ますが、スピーディに行わないと生地が乾燥してぱさぱさになっちゃいます。慣れが必要ですな。

あとは生地を折りたたんで切るだけです。切るのは難しそうですが、別に少しくらい太くなっても問題ないので、意外と気を使わなくて良い工程でした。

んで、できたのがコレ↓
soba.jpg

サムネイルで見るとまともな蕎麦っぽいですが、生地を薄く広く延ばせなかったので短くて分厚い麺になってます。当然、切り方も太くなってしまったので、やたらゴツイ麺になってます。ズズーッとすすれません(><)かなり硬かったので食べ応えはありましたけど
なんだかんだ言っても、それなりに食べれる蕎麦ができたのは嬉しかったです。打ちたての蕎麦はそば粉のいい香りがします。

ちなみにその後、店で蕎麦を食べるときは細長くてちゃんとすすれる麺にいちいち感動します。
たぶん蕎麦打ちをやったことがある人は、みんなそうなると思います。
やっぱり職人さんの作る蕎麦は旨いね
スポンサーサイト


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

食べ物 | 01:02:34 | Trackback(0) | Comments(3)
コメント
こんにちは
こんにちは(^^)。
立ち寄り軌跡を残しておきます。

2008-07-07 月 11:34:32 | URL | わんだ [編集]
中軽井沢のそばがきが旨かったの思い出した。

香りも良くていかにもそばって感じだったし。
あれ以上のそばは残念ながら食べたこと無いが、今回もそのくらい良かったのかな?

ちなみに以前そばうちセットなるのものを見たことがある。
確か3万円ぐらいしたと思うけどそれを買って練習だ!!
2008-07-07 月 23:50:20 | URL | elsis [編集]
香りに関してはいままで食べた中ではNo.1だった。
ただし食感は・・・(汗

そば打ち道具は包丁とのし棒はいいものを買った方がよいらしい。
一番高そうに見える、こね鉢は普通の料理用ボールでもいいんだってさ。
2008-07-10 木 00:39:13 | URL | のぶ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。