スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
指標の重要性
前回、もしもしホットライン(東証1部:4708)がじわじわ下落しており、4600円位が損切りラインかな。。。なんて書きました。でも、買ってから一度も上がらずにじわじわ下がっていくのを見て我慢できなくなり、4900円まで戻した所で売ってしまいました。
(4946円で買ったので、ちょっぴり損だしてます)

そうしたら!そのまま値上がり続けて5000円オーバーし、現在5110円になってしまいました。なんてこったい\(^o^)/テクニカル指標に従って売買していれば損出さずにすんだのに、、、という良い経験になりました。

そういえば、まだホールド中の塩水港精糖(東証2部:2112)も損切りラインの320円まであと1円というところまで下がってもホールドし続けた結果、持ち直して371円まで上昇しています。こちらは、テクニカル指標に従ったおかげで利益が出た例ですね。

最初はテクニカル指標の信頼性が良く分かっていませんでしたが、どうやら使えそうだということが分かってきました。とはいえ「騙し」も存在する事は確かなので、リスク分散する事で余裕をもって損切りできることが重要だと思います。
スポンサーサイト


投資 | 17:26:05 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-02-13 火 16:50:34 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。